学生からのメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. 新藤暖也くんのメッセージ

学生からのメッセージ

新藤暖也くん 【国立センメルワイス大学】

ハンガリーにきてから早くも2年が経過しました。

私は予備コースからの入学からはじめたので、現在で1年生が終わった時分です。

最初にハンガリーに来たときはとにかくすべてのことが不安でした。初めての一人暮らし、英語での授業、日常会話等々。

特に日本では普通の受験勉強しかしてこなかったので英語でのコミュニケーションは大きな課題でした。しかし結論から言ってしまえば、なんとかなります。初めの3か月ほどは戸惑うことも多いのですが、そこはHMUのスタッフの方々、先輩方、同級生が手助けをしてくれます。授業についてもやはり最初は苦労しますが、数週間で耳が英語に慣れてきて授業についていけるようになりました。

ハンガリーで医学を学ぶことの最も大きな意義はやはり“英語で”、“海外で”、医学を学べるということだと思います。知識の幅、見識の広さという点において将来の大きなアドバンテージになることは間違いないです。

しかし、よく言われるように海外の大学は入りやすいが進級するのは大変、というのは事実です。進級率の低さを見れば一目瞭然ですが、だらだらと勉強しても進級できるというような環境では決してないので、ONとOFFの切り替えをしっかり行い、セルフマネージメントをできるようにすることが必須です。大学での勉強はほぼすべてが単純な理解と暗記ですから、逆に言ってしまえば、勉強時間をしっかり確保しさえすれば何とかなるものだと考えてます。

つらいことも多いですが、思い切ってハンガリーに来る価値はあると思います。医者になる道のひとつとして、心に留めておいていただけると幸いです。

学生からのメッセージ

動画

卒業生のメッセージ

保護者からのメッセージ

ページトップへ