学生からのメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. S.Y.くんのメッセージ

学生からのメッセージ

S.Y.くん 【国立センメルワイス大学3年生】

予備コースに1年間通った感想は、まず科目は、化学と物理は日本の高校レベルにほんの少し大学レベルを加えた感じです。ただ、テストは、日本の大学入試に出てくるような複雑な計算問題などはなく、理論をきちんと理解していることが問われます。

次に、一番重視される生物ですが、高校レベルは超えていると思います。ただし、人間しか扱わなく、植物や動物は勉強しませんので、範囲がそれほど広いわけではありません。テストはこちらもやはり、知識をきちんと覚えているかが問われ、複雑な問題は出ません。 医学英語は、少しやっかいな科目で、先生によって教え方や教える範囲が多少違います。テストは知識を問われる問題と、文章読解問題がでます。入試科目でもありますが、入試と普段のテストでは内容的にかなり違います。普段のテストの方が難しいです。 ちなみに、入試科目には他に、生物と化学と英語文法があります。その3つは、入試と普段のテストがかなり似ています。 他にも、ハンガリー語やコミュニケーションなどの授業もあります。

最後にお勧めの勉強法を書かせてもらいます。まず、生物と化学は未学習だと結構きついと思いますので、日本語でも英語でも良いと思うので予習しておいたほうが良いと思います。

あと、基本的に最初は授業にでた方が良いと思います。最低でも入試科目は授業に出ることをお勧めします。なぜなら、授業に出ることで、聞いているだけでも英語に慣れてきますし、言い回しなども学ぶことができるからです。テストや入試にオーラル試験もあるので、そこで使えると思います。

あと一番大切だと思うのは、毎日勉強して、普段の小テストなども良い成績(5やA)を取るようにすることだと思います。 僕もそうでしたが日本人は英語が苦手な人が多いので、油断するとおいてかれてしまいます。そうなると、希望の大学に入れなくなってしまうかもしれないので、気をつけてください。ありがとうございました。

学生からのメッセージ

動画

卒業生のメッセージ

保護者からのメッセージ

ページトップへ