国立ブダペスト獣医学大学
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 国立ブダペスト獣医学大学
ハンガリー
人口 998万6000人
面積 9万3030k㎡
首都 ブダペスト
言語 ハンガリー語

ヨーロッパのほぼ中央に位置し、国土は日本のおよそ1/4、人口は約1000万人で日本の約1/12の小国です。しかし、豊かな自然に恵まれており、教育・研究レベルも高く、ノーベル賞受賞者の人口における割合は、世界一です。また、英語を理解する人の割合は東ヨーロッパの中でも一番多いのではないでしょうか。元ハプスブルグ家の統治下でもあったことから、長い歴史と文化の香りが高く、留学生が勉強するには非常に良い環境です。2004年にはEUにも加盟し、これからのさらなる発展が期待されます。ハンガリーで取得した獣医師の免許はEUの28カ国の全ての国で自動的に認定されます。

ハンガリーの獣医学部

ハンガリーで初めて獣医学部の前身である獣医学講座が始まったのは、1787年。ブダペストの医学部の一部として開講されました。世界で初めての獣医学部がフランスのリヨンで創設されたのが1762年でしたから、世界的に見てもいち早く、獣医学を大学の教育で始めたことになります。

19世紀初頭には牧畜業が大変盛んになり、当然の流れとして、獣医学の需要も増えてきました。1851年には、王立獣医学院として、医学部から独立を果たしました。1899年に王立大学となり、正式に学位授与が行われるようになりました。

2016年にセント・イシュトバン大学からブダペスト獣医学大学に校名が変更されましたが、世界での評価も高く、ハンガリー唯一の獣医学部として優秀な獣医を世界中に輩出しています。

国立ブダペスト獣医学大学(University of Veterinary Medicine, Budapest)

ハンガリー文部省や農業省からも直接支援を受ける国立大学の獣医学部

 ブダペスト獣医学大学はハンガリーで唯一の獣医学部をもち、国からも運営や研究面で大きな支援を受けている国立大学です。ブダペストの中心地に位置し、トラムやバスなどの主要な交通機関を利用できるので、通学するには大変便利な立地です。

獣医学部では英語、ドイツ語、ハンガリー語のコースがあり、日本国籍者が出願を希望する場合は、ハンガリー医科大学事務局を通じ、受験が可能です(英語コース以外の入学には別途要項がありますので、事務局までお問い合わせください)。英語コースは1992年にスタートし、すでに多くの優秀な獣医師を世界に輩出しています。

ブダペスト獣医学大学で授与される獣医学の学位は、EU28カ国で通用する学位です。
さらに、ノルウェー、イスラエル、カナダなどの国々で獣医学部を卒業するのと同等の学位として認められています。

EU加盟国(28カ国)
オーストリア、ベルギー、キプロス、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、ドイツ、ギリシャ、フィンランド、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、オランダ、イギリス、ルーマニア、ブルガリア
ページトップへ