学生からのメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. 内山愛梨さんのメッセージ

学生からのメッセージ

内山愛梨さん 【国立デブレツェン大学】

ハンガリーに来て2年。私はデブレツェン大学予備コース、本コース1年目を終えて無事2年生になります。この2年間で感じたハンガリー留学の魅力を書きたいと思います。

まず大学生活に関してです。デブレツェン大学に限らないと思いますが、私たちが通う医学部の留学生コースには本当に様々な国から留学生が来ています。もちろん授業もその人たちと共に学びますが、お互いの文化や言語について教えあったり、勉強やテストのことについても良い刺激をもらえたり。異国の地ならではの楽しさ、充実さを肌で感じることができます。もし英語に不安がある方でも日々の授業、試験、クラスの友人との会話においても英語を使い過ごすため自ずと英語能力はついてくるものだと思いますので心配はいらないと思います。私自身、英語が流暢に話せるわけではありませんが英語が母国語でない生徒もたくさんおり、みんな寛容で優しいので劣等感を感じることも少ないです。ハンガリーでの大学生活は全く異なるバックグラウンドを持ってハンガリーに来た人たちと、立て続けにやってくるテストにくじけそうな時や結果が思うようにいかなかった時はお互いに励まし合い、たくさんの時を共に過ごし切磋琢磨し合い、「医師になる」という目標を共に目指せる、とても魅力的で恵まれたものだと感じています。

生活面では、私の住む街デブレツェンは「学生の街」という感じで、勉強に集中できるとてもいい環境だと思います。キャンパス内には勉強できる場所がたくさんある上、至る所に自然を感じられる一方、シティセンターはヨーロッパらしい町並みですし、現地、大学関係の方々など、とても親切にしてくれる人が多いです。生活の中心はやはり勉強になりますが、時間に余裕がある時は友達と食事をしたり、パーティーをしたり、スポーツをしたりとオンオフのメリハリが大事だなと思っています。

此処、異国の地ハンガリーで、母国語ではない英語で、「医学」を学ぶことの難しさ、厳しさは天下一品級。しかし勉強に集中できる充実した環境で、共に乗り越えたいと思える仲間と共に駆け抜ける六年間もしくは七年間は人生において、とても大きく、かけがえのないものになると思っています。このメッセージが、現在ハンガリー留学を考えている方々にとって少しでも参考になれば幸いです。

学生からのメッセージ

動画

卒業生のメッセージ

保護者からのメッセージ

ページトップへ