卒業生のメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. 卒業生のメッセージ 末益貴仁くん

卒業生のメッセージ

2017年センメルワイス大学医学部卒業 末益貴仁くん

1.ハンガリーの医学部への進学を決めた理由は何ですか?
自分は高校生の頃から英語で医学を勉強してみたいなという憧れを持っていました。そんな時たまたま雑誌でハンガリーの医学部に英語コースというのがあるのを知り大丈夫かなという不安ももちろんありましたがその当時は自分が出来る範囲で挑戦してみようという気持ちの方が強かったような気がします。
2.医学部在学中は、普段どのように勉強をしましたか?
まず毎日行われるレクチャーと実習は大事にして常にそこから何か新しいことを吸収して帰ろうという気持ちで大学に通っていました。ハンガリーでの試験は口頭試問がほとんどなので先生が話される英語や医学英語に耳を慣らそうという気持ちで参加していた部分もあります。学期末試験ではトピックが膨大な量あるので自分の場合学期の最初から準備してもなかなか全て対策する事は出来ませんでしたがどんなに対策が遅れても試験の日程だけはずらさずレクチャーや実習で学んだ事からも少し生かされたらいいなという気持ちで試験に臨んでいました。
3.勉強面・生活面で苦労したことを教えてください。
自分は高校を卒業してすぐにハンガリーに行ったこともあり英語を聞く事、話す事に慣れておらず口頭試問が多いハンガリーの試験システムに当初は不安しかなかったですが学期が始まり試験日は刻々と近づいているのでやるしかないという気持ちで自分の話せるだけの英語力で勝負してみようと思えるようになってきました。自分は特に発音・アクセントに苦手意識がありいくら一生懸命話してもなかなか試験官に伝わらないもどかしさはありましたがそこを気にしてもどうしようもないと思いとりあえず自分なりに答えられる範囲で試験に臨もうとできるだけ自分の気持ちを前向きに持っていくようにしていました。大学6年間は試験日がくるたびにいつもそんな気持ちで過ごしていたような気がします。
4.英語で授業を受けることに不安はありませんでしたか。
英語はリスニングもスピーキングも全くできなかったのでクラスの中では常にそういった部分で劣等感を感じていましたが、レクチャーや実習に参加して耳を慣らすようにしたり話しやすい友達を見つけて英語を話す事に対する抵抗力を少しでも減らしていくように自分なりに工夫はしていました。
5.英語はどれくらい勉強していますか。(しましたか。)
高校までは普通の日本の学生と同じように過ごしていたので特別英語を勉強したことはありませんでした。
6.ハンガリーに行って良かったことを教えてください。
ハンガリーの医学部 英語コースはヨーロッパの様々な国から学生が留学されているので本当にグローバルな環境でお互いに切磋琢磨しながら勉強できる環境、授業でも英語で医学の内容について議論し合える環境は本当に日本ではなかなか経験できない貴重な時間だと思います。
7.ハンガリーの医学部を卒業するために必要なことは何だと思いますか?
英語で医学を勉強したいという気持ちと医学という分野の中で海外から来た学生と切磋琢磨しどんな医師になりたいのか高いモチベーションを維持しながら逆境を乗り越えていく強い気持ちだと思います。
8. 日本の医師国家試験対策の学習で大変だったことは何ですか?
ハンガリーでは口頭試問が殆どなのに対し日本の国家試験は筆記試験なので、問題に対してどんな風に考え適切な答えへと結びつけていく事に慣れていくのが大変でした。
9. 医師国家試験に合格し、日本で医師として活躍する夢が実現しました。現在の心境を聞かせてください。(ハンガリーでの留学、国家試験の勉強を振り返っての感想など)
4月から研修医生活が始まり今は毎日が勉強で本当の患者さんを相手に仕事をしている緊張感もあり少しでも早く各科の一日のルーティンを掴もうとして先のことは考えられないのが現状です。ハンガリーという国で英語で医学を勉強した事を将来生かしたいなという気持ちを忘れず過ごしていきたいなと思います。
10.ハンガリーの医学部に入学を検討している方にメッセージをお願いします。
自分のように英語を聞いたり話したりする事に苦手意識を感じる人でも、もし英語で医学を勉強してみたいという気持ち、将来グローバルな世界で医師として働いてみたいという高いモチベーションがある方は是非挑戦してみる価値はあると思います。
ページトップへ