卒業生のメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. 卒業生のメッセージ S.M.さん

卒業生のメッセージ

2015年セゲド大学医学部卒業 S.M.さん

1.ハンガリーの医学部への進学を決めた理由は何ですか?
日本の医学部に行くつもりで勉強をしていましたが、入試で合格をもらえたところがなく、両親が浪人することを反対していたため一番試験を受ける時期が遅いハンガリーも受けてみてacceptされたからです。
元々日本の大学に入っても留学をしてみたかったこと、私立大学医学部よりも学費が安いことなども理由として挙げられます。
2.医学部在学中は、普段どのように勉強をしましたか?
Premedの時は学校が終わったらstudy roomへそのまま行き、その日の復習とテスト勉強を兼ねて自分のノート作りをしていました。
大学に入ってからも学校が終わったらstudy roomへ行くことは変わりませんでしたが、学習量が膨大になったことから土日もほとんどそこで過ごすことが多かったです。いろんな教科書・学校のmaterial・先輩方のノートを参考にしながら自己流のノートを作成していました。筆記テストは過去問があるものもあったので、それも使っていました。
3.勉強面・生活面で苦労したことを教えてください。
どちらの面においても初めは英語が全くと言っていいほど聞き取れない・話せない状態だったので、まずは耳を慣れさせたり話したいことをきちんと伝えられるように英語を話せるようになるまでは大変でした。
勉強面においては自分のノートを作るということを自分に課していたので、そのノルマをこなすのが大変でした。勉強はした分だけの結果はきちんと返ってくるので、勉強することに飽きてもひとまず机に向かう姿勢を忘れないことだけは心がけていました。 生活面ではハンガリー人の気質で、基本的に物事が進むのが遅かったり効率が悪いことに戸惑ったりもしましたが、こんなもんだと慣れてしまえば気にならなくなりました。
4.ハンガリーに行って良かったことを教えてください。
英語や海外留学に対するハードルが低くなったこと、いろんな国に住む友人ができたこと、文化を学べたこと、日本ではできない様々な体験ができたこと、日本の良さを再確認できたこと、どんな環境でも生きていけると思える精神力が身についたことなどたくさんあります。
5.ハンガリーの医学部を卒業するために必要なことは何だと思いますか?
医師を志したときのことを忘れないことではないかと思います。テストに受かるための勉強・良い成績をとるための勉強をしているわけではなくて、医師になるために勉強をしている、ということを常に頭のどこかに置いておくことが大事だと思います。
あとは一人で孤立するのではなく、周囲と関わりながら生活することです。一人で過ごすことが好きな人もいると思いますが、やはり勉強やいろいろな悩みなどで苦しくなった時にその苦しさを分かち合える人がいる人は強かったと思います。
6.日本の医師国家試験対策の学習で大変だったことは何ですか?
医学用語がわからなかったことと日本語の読解力が落ちているな、と感じたことです。医学用語は覚えてしまえば簡単なのですが、臨床の問題などでは読解力や文章を読む速さなども求められるため、その力をつける練習も必要でした。
グループ学習がとても効果的で、ある程度自分でインプットできたら人と一緒にアウトプットをすることを繰り返していました。お互いに得意な分野・不得意な分野が違うので、 誰かと一緒に勉強するとどんどん知識が増えていくのが実感できました。そこで得た知識は本番でもかなり役に立ちましたし、一人で勉強を続ける苦痛も解消されました。
7.医師国家試験に合格し、日本で医師として活躍する夢が実現しました。現在の心境を聞かせてください。(ハンガリーでの留学、国家試験の勉強を振り返っての感想など)
過ぎてみれば8年はあっという間でしたが、3年生までは(セゲドでは3年生が一番難しい学年のため)、「あと何ヶ月頑張れば4年生」と指折り数えながら過ごしていました。4年生以降になると今度は将来どこで働くかや専門をどれにしようか、など様々な悩みが出てくるので、ハンガリーで過ごしている間は常に何かに追われているような感覚がありました。
無事国試が終わった今は、やっとスタートラインに立てたことにホッとしていると同時に、これから医師として働き人の命を預かるということに対する責任の重さを感じています。国試合格発表後に母からもらった手紙の中に「医師は時に言葉や行動でも患者を殺してしまうことがある」という一文があり、はっとさせられました。患者さんにとって最後の砦であろう医師は、一人の人間としても一人前でなければならない、ということを改めて認識し、自分が患者さんにとって安心して心や身体を預けられる医師にならなければと思っています。
8.ハンガリーの医学部に入学を検討している方にメッセージをお願いします。
ハンガリーの医学部は日本の医学部に比べ、医師になりたいという意欲がある人に門戸が広いという魅力があります。日本の医学部人気が高いことや、卒業生が輩出されて日本の医師国試を受験する資格が得られること、合格し働かれている先輩方もいるということから、さらに魅力的に映るのではないでしょうか。しかしハンガリーの医学部は、海外の大学の特徴と同様、進級・卒業することが難しいところでもあります。そのため、日本の医学部よりも入学しやすいという事実にのみ注目して志すことは、あまりお勧めできません。本当に医師になりたい、という強い思いを卒業するまできちんと持続させることができる人でなければ卒業できないと思うからです。自身を振り返ってみても、卒業された先輩方や同期の方々をみても、その思いが強かったのだろうなと感じる方々がやはりきちんと卒業されています。
門戸が広い点だけではなく、ハンガリーの医学部には魅力的な点が多数あります。English courseは様々な国から学生が集まってきているので、いろんな国の人と知り合い文化を学ぶ機会もたくさんありますし、なかなか日本では経験できないことも経験できます。勉強はもちろん大事なのですが、合間を縫って周辺諸国に出かけたり、友人達とかけがえのない時間を共有したりすることも同じくらい大事だと思います。そういった経験は、きっと今後の人生のプラスになっていくと思うからです。
厳しいことも言いましたが、医師になりたいという強い思いがある方、英語で医学を勉強してみたい方、ハンガリーという国に興味がある方などは、是非ハンガリーの医学部を志してみてください。
ページトップへ