大学トピックス

大学トピックス

University Topics

  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 大学トピックス >
  3. 国立ウイルス学研究室は、ペーチ大学が先導

国立ウイルス学研究室は、ペーチ大学が先導トピックス一覧

Ferenc Jakab教授

国立ウイルス学研究室は、ペーチ大学Szentágothai János研究センターの統率の下に設立されます。この新しい研究施設は、ウイルス学者であるFerenc Jakab教授によって組織され、率いられます。政府は、技術革新省が約60億円の研究開発資金のうち約20億円を研究開発・革新戦略に投入する案を了承しました。
 
技術革新省のLászló Palkovics大臣は、今後5年間でさらに約6億円を投入し、国立研究室を18拠点設立することを強調しました。そのうちの1つがFerenc Jakab教授によって率いられるペーチ大学の国立ウイルス学研究室です。この研究室の設立は当初、予定されていませんでしたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、設立は特に重要になりました。
 
この政府発表に関連し、Ferenc Jakab教授は次にように述べました。国立ウイルス学研究室の主要目的は、すでにペーチ大学にある卓越したウイルス学研究室を基盤として、国際的に高いレベルでウイルス学の基礎および応用研究を実施することです。私たちの研究の主な目標の1つは、ウイルス感染に対し、効果的な手段を開発することで、それはワクチン開発や薬物療法といった形態で実現することができます。研究以外では、私たちはこの科学分野において次の世代のトレーニングや教育を拡大していく重要性について強調したいです。