大学トピックス
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 大学トピックス >
  3. ペーチ大学:欧州臨床検査医学会でハンガリー初の最優秀賞を受賞

ペーチ大学:欧州臨床検査医学会でハンガリー初の最優秀賞を受賞トピックス一覧

ペーチ大学Jozsef Bodis学長が筆頭著者を務め、再生補助医療における傑出した研究結果であるとして受賞に至りました。授賞式には、共著者であるペーチ大学Szentagothai 研究所Gabor Kovacs L.所長が出席し、ハンガリーで初の受賞となる優秀論文賞を受賞しました。

受賞した論文は、胎芽を傷つける可能性のあるテストを行わずに、人工授精を効果的に行う技術について述べられたもので、ペーチ大学からは、József Bódis学長、 Gábor Kovács L所長、 Gergely Montskó氏、 Ákos Várnagy氏、Zita Zrínyi氏、セゲド大学からはTamás Janaky氏とZoltán Szabó氏が執筆に参加しました。

Jozsef Bodis学長は、「この賞を受賞できたことを糧に、さらに研究を深めていきたいと思っています。私たちの目標とする数値は、現在成功率が34%から35%である人工授精の成功率を50%まで高めることです。」と述べました。

ページトップへ