大学トピックス
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 大学トピックス >
  3. センメルワイス大学:センメルワイス大学のハイテク・ゲノム研究

センメルワイス大学:センメルワイス大学のハイテク・ゲノム研究トピックス一覧

ゲノム医療と希少疾患学会の新しい装置は、ヒトゲノムの迅速な配列ができ、神経疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症、自閉症、等)、希少遺伝病、腫瘍と脳転移の起源の検査と研究をこれまでになく効率的に行えます。

この装置の性能は、地域内にある他の装置の性能に格段に勝ります。ゲノム検査は、診断法、研究と治療処置の設定のために必要とされ、この装置は、最高品質の検査ができます。これまでは、ウィーンだけがこの検査を近隣諸国に提供してきました。
装置の入手は、国立脳研究プログラムの支持によって実現され、センメルワイス大学とリヒター・ジェデオン・ヌートの共同研究プログラムで取り扱います。装置の稼働開始のために催された記者会見で、アゴストン・セル博士は、その装置の高水準研究活動への貢献が良質な教育のために堅固な基盤を作ると話しました。アゴストン・セル博士とマリア・ユディット・モルナール博士(臨床学副長とゲノム医療と希少疾患学会理事長)の両者は、この装置が2日間で30億の塩基対と言う、目覚しいヒトゲノム解析能力を発揮できることを強調しました。

このテクノロジーによって、個人の特定の病気(腫瘍性疾患や心循環器疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病、等)になる危険性と、それに対する薬物の効果や副作用の予測ができます。その他、シーケンサーは希少疾患の診断法を促進することができます。現在、800,000人の希少疾患者がいますが、場合によっては、診断を確定するには、10~20年もの時間がかかる可能性があります。副長は、即座に完全ゲノムの配列決定することによって、遺伝性疾患の診断がさらによくなると言いました。マリア・ユディット・モルナール博士は、初年度は、この装置が研究に使われることによって、ヘルスケア改革への道を切り開くと指摘しました。博士は、装置がセンメルワイス大学の研究者のためにだけでなく、他の大学、研究機関と製薬業界のためにも役に立つと予想しています。

分子医療分野の最高水準テクノロジーを用いることによって、センメルワイス大学は、その革新的な可能性を向上させるよう努め、その分野において、地域の主要な機関となります。副長は、ハンガリーも分子遺伝子診断法がすでに現代のヘルスケア課題を対処する日常タスクになっているイギリスと米国の例に続くことを望んでいます。これが実現されるとき、何千もの患者がより速く、独自の診断を受けることができるようになるでしょう。

ページトップへ