大学トピックス
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 大学トピックス >
  3. センメルワイス大学:ハンガリーがヨーロッパにおけるヘルスケアの最前線を行く

センメルワイス大学:ハンガリーがヨーロッパにおけるヘルスケアの最前線を行くトピックス一覧

センメルワイス大学とデブレツェン大学、GEヘルスケア、ヘルスケアと薬の品質・組織開発国立研究所(GYEMSZI)は、ヨーロッパ最大のヘルスケアの研究開発とイノベーションにおける協力パートナーシップのメンバーです。

 

ヨーロッパ・イノベーション・テクノロジー機関(EIT)によって出された「健康的生活・活動的高齢化のためのイノベーション」の入札審査の結果が、最近明らかにされました。落札した協会(EITヘルス)は、EU加盟14ヶ国の主要会社、研究センターと大学を含む50以上の中心的なメンバーと90の共同パートナーから構成されています。この協会は、さらにEU加盟6ヶ国内の、いわゆる「Inno-Stars」と呼ばれる8地域(ハンガリーの2地域を含む)が含まれています。20億ユーロの予算があり、EITとパートナーによって融資されているこの協会はヘルスケア研究と開発、イノベーションの分野では最も大きいヨーロッパの共同体です。

 

「EITヘルス」の狙いは健康的ライフスタイルと活動的高齢化の分野で企業家精神とイノベーションを促進することで、これによって、ヨーロッパに新しい解決策や資源を提供します。製品やサービス、アイデアを通してより健康的で充実したライフスタイルを確実にし、生活質を向上することによって、ヨーロッパの持続可能なヘルスケアに貢献します。

 

高等教育担当国務大臣Laszló Palkovics博士は、この協力の最も重要な面はハンガリーの研究者、教育者と学生が直ちに最新技術と研究結果にアクセスし、その便益を得ることができることであると言っています。その結果、より健康的な国民、持続可能なヘルスケア・システムと活発な現役期間の延長が可能になります。開発格差を減らし、イノベーションの狙いを理解すこと、病気の予防と治療やヘルスケア・システムの構造とサービスの改善は、ヨーロッパ諸国の全面的な協力を通してのみ達成できることです。

 

国家研究・発展・革新事務所の取締役であるJózsef Pálinkás博士によると、EITヘルス・プロジェクトは、ハンガリーのヘルスケアとヘルスケア産業分野でもっとも優れた機関が、ヨーロッパにおけるイノベーションの最前線へ直接アクセスできることで、ハンガリーのために大きな進展を意味します。

 

このプログラムは参加機関に、ヨーロッパの主要な大学やヘルスケア・パートナーと共にヨーロッパの入札に参加する可能性を提供するだけでなく、テクノロジーや知識移転の改善とともにアイデアの達成を直接サポートします。ハンガリーのアイデアや企業が海外でも成功するには、国際的なネットワークと分類体系にアクセスできることが重要です。

 

ブダペストに拠点を置くEIT本部は、最も優れた高等教育、研究とビジネス機関のネットワークを確立し、重要な社会的課題の解決をみつけるため、協同運営を促進します。EITの今後7年間の目標は、協会が起業家的な活動を促して、アイデアの実現を支援することです。例えば、優秀な若い研究者を選ぶためにコンペティションを組織して、選ばれた研究者たちをイノベーション管理と課題対応のために訓練します。また、新しい企業は、投資の準備ができるまで、養成プログラムなどで初段階の困難を乗り切る援助を受けることができます。そして、ヨーロッパの高等教育機関における科学的優秀さを表すために高品質で革新的な結果を確実にする修士と博士プログラムを設置する予定です。

ページトップへ