大学トピックス
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 大学トピックス >
  3. デブレツェン大学:2014年度デブレツェン分子医学賞、アイルランドの研究者に

デブレツェン大学:2014年度デブレツェン分子医学賞、アイルランドの研究者にトピックス一覧

ステファン・オーレイリー教授による研究結果は、肥満やインスリン抵抗性、糖尿病の治療の進歩に貢献するものです。

 

オーレイリー教授は、アイルランド出身で、ハーバード大学やオクスフォード大学のメディカルスクールで研究を開始しました。ケンブリッジにあるイギリスの国立研究所、MRC(分子生物学研究所)の代謝性疾患部門のディレクターであるオーレイリー教授は、デブレツェン大学医学部の教授会から贈られる名誉ある賞を受賞しました。

 

もともとオーレイリー教授は、人間の代謝や内分泌疾患の研究で知られていました。関連した病理学的機序の解読に加え、これらの疾患の予防や診断、より効率的な治療において研究結果を活用しています。遺伝学研究や調査を通じてオーレイリー教授は、肥満やインスリン抵抗性、2型糖尿病を治療する分野において、いくつかの遺伝子やこれらにコントロールされている経路を発見しました。また、オーレイリー教授は、組み換え型レプチンや人体の食欲をコントロールするホルモン、人体のエネルギー準位による治療法を成功させた最初の臨床科学者としても広く認められています。

 

オーレイリー教授は、生粋の臨床研究者で、患者の治療における特異現象の観察や肥満の世界的流行の原因となる遺伝子突然変異の症状などの研究にも携わっています。

 

2013年には、医学研究の功績が認められ、クイーンエリザベス2世の誕生記念叙勲でナイト爵に叙せられました。オーレイリー教授は、イギリスでは現存する最も古い科学学会である王立協会や医学アカデミーの会員であり、またアメリカでは米国科学アカデミーの海外準会員です。欧州では、ヨーロッパ分子生物学機構により、優秀な自然科学者の1人として選出されています。

 

デブレツェン大学では、2003年に海外向けの賞としてデブレツェン大学分子医学賞を設立しました。毎年、患者に対し、より進歩した治療に応用することができる分子医学の発展に貢献した科学者や科学者のグループを表彰するため、記念の盾と1万ユーロ(約140万円)の賞金を授与しています。

ページトップへ