学生からのメッセージ
  1. ハンガリー医科大学事務局トップ >
  2. 学生からのメッセージ >
  3. M.S.さんのメッセージ

学生からのメッセージ

M.S.さん 【国立デブレツェン大学】

私がハンガリーの医学部を目指した理由は、単純に将来医師として世界で働きたいと考えており、その上で慣れ親しんだ日本語ではなく、世界共通語である英語を使って医学を学べるこの場所が良いと判断したからです。

ハンガリーに存在する4大学のうち、どれも個性豊かで魅力的な点がいくつもありますが、その中でもデブレツェン大学を希望したのは私が春期講座を通して惹かれた先生方が多くいらっしゃるからです。個々それぞれ、魅力的に映る点は様々でしょうから、HMU事務局が開講している講座に積極的に参加してどの大学が自分に合うのか吟味する事をお勧めします。

デブレツェン大学は特に、世界各国聞いた事もないような国からも医学を学ぼうと志を同じくしてやってくる方達が多く、その点で新たな思考や観点の会得ができる一方で、日本とは全く異なる感性にお互いぶつかり軋轢が生じる可能性もあちらこちらに転がっています。 それが国際的な雰囲気を持つデブレツェン大学の特徴であり、私はぶつかり合って自分の言いたい事を容赦なく伝える力をなんとなくですが、身に付けることが出来たと思います。 おそらく4つのうちどの大学でも日本ではなく海外であるという事を踏まえ、自分の意見/考え等はとりあえず口に出すという癖をつけられると、大変試験等でも役に立つかと思います(口頭試問が多いので)。

またデブレツェンはハンガリー第二の都市とは言えど、自然豊かな風景が特徴的です。勉強に煮詰まった時には、外に出て新鮮な空気を吸って散歩をするだけでも気分転換は十分できます。 当方未だ一年の科目しか履修しておりませんが、更に大変だと聞く二年、三年やその上の先輩方が脇目も振らず勉強する姿をスタディルームで見かけるたび、自分も頑張っていかなければと気合を入れさせて頂いている日々も、私にとってはこの一年を乗り越えるための支えでした。

医学は古今東西、どこで学ぼうと容易なものではありません。 それを母国語でなく、全て英語で学ぶ事の大変さはきっと想像以上でしょう。 全く見知らぬ新しい土地で英語を毎日聞き話し、机にひっつく。 それを承知で、それでもなおハンガリーへの進学を希望される皆さんであれば、きっと望むものを掴み医者への道を共に歩んでいける事と思います。

近い将来、新たな仲間として皆さんに会える事を楽しみにしています。

学生からのメッセージ

動画

卒業生のメッセージ

保護者からのメッセージ

ページトップへ